未分類

ダラダラしよう

 

みなさん,こんにちは。

 

ブログを読んでくださる方も,時期的にゆっくりと過ごされているかもしれませんね。今回は,何もない時を過ごすことについて書いてみたいと思います。

 

ゆったりと時間に余裕がある時にも関わらず,気持ちよくダラダラと過ごすことって,なかなか難しくないでしょうか?

 

その時には考える必要ないのに,仕事の事を思い浮かべてみたり,「何かしておかないといけないんじゃないだろうか」という気持ちが湧いてきたりすることって,誰にでもあるかと思います。

 

また,ゆっくりと過ごした後に,「どうしてダラダラと無駄な時間を過ごしてしまったんだろう」と思ってみたりして。休むにしても,何か社会的に共通した娯楽や趣味をしないと,認められないような感覚ってありますよね。

 

私なんかもそうですが,「時間があるから,早めにこの仕事を片付けておこう」と机の前に腰掛けたとしても,ネットサーフィンしたりYouTubeを観たりして,結局ほとんど仕事は進まなかったなんて…。そして,また無駄な時間を過ごしたと後悔する 笑

 

きっと,私たちは社会的に認知されている事をしていないと,「個」とした自分が取り残されてしまうという不安を,ある種,常に持ち続けているのだと思います。そして,そこを外れた感じがすると,モヤッとしたものや後悔の念が湧いてくる。

 

だけども,ずっと活動的でなんていられないですよね。活動で自分の中のエネルギーを放出するのだから,エネルギーを蓄える期間だって必ず必要になるはず。

 

他に支障はないのに仕事に身が入らないのは,「ダラダラしてエネルギーを蓄えなさい」というメッセージだったりするかもしれません。

 

中には,ダラダラするのではなく,趣味などの活動をもってして,エネルギーを蓄えられるという方もおられるかもしれません。でも,きっとそんな方ばかりではないでしょう。

 

ですから,何か言いたいのかといいますと,ダラダラ過ごせた時には,自分を誉めてあげませんか? だって,私たちに基本設定として備わっている不安に負けずに過ごせたのですから。私たちは,難しいことをこなしたわけです。

 

一日ダラダラするのが難しければ,一日を区切って午後からダラけてみるとか,負担のない仕事を一つだけ片付けたら,その日はダラけることにしようなんて,ダラダラを目的化してみてもいいかもしれませんね。

 

そうすると,後悔の念も浮びにくいでしょうし,自分を誉めたり,認めやすくもあります。

 

それでも,ダラダラしている最中に,「これでいいんだろうか」といった思いが浮かんでくれば,「基本設定の不安が出てきたな」とその思いを認めてやってみてはいかがでしょう。

 

同様に,「やろうとしていたことに手が着かず,ダラダラ過ごしてしまった」と後悔している自分がいれば,それも認めてあげましょう。後悔しているということは,基本設定の不安に対して忠実に,私たちが一生懸命生きているということですから。

 

ダラダラすることを認め,エネルギーが蓄えられて,自身がよりよい状態でいること。すると,気になっていた仕事なんかも,自然と取りかかり,ふと思い返した時には終わっているかもしれませんよ。

 

私たちが,自身も含めて,目の前にあることを認め,上機嫌な状態でいることが最優先です。そうしていると,きっとなるべくして,よりよい方へ事は進んでいくでしょう。

 

ブログを読んでくださり,どうもありがとうございます。

 

-未分類

© 2022 気づきの相談室 Powered by AFFINGER5